市長所信表明(令和3年11月26日)

私は、このたびの市長選挙におきまして、多くの市民の皆さまからご信任を賜り、市長に就任させていただきました。就任後、まだ日も浅いところではございますが、課せられた使命と責任の重さをひしひしと感じるとともに、身の引き締まる思いで、決意と覚悟を持って、市長の職務を全うしてまいりたいと考えております。

今議会は、私が市政を担当することになって初めての定例会でございますので、諸議案についてご審議を賜ります前に、市長就任に際しましての今後の私の所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆さまの一層のご理解とご協力をお願い申し上げる次第でございます。

はじめに、私の市政に対する考え方を申し述べさせていただきます。

私の任期は、コロナ禍からのスタートとなりました。先日、市議会からもご要望をいただきましたが、まずは、新型コロナウイルス感染症対策を最優先の課題として、市を挙げて取り組んでまいります。とりわけ、今後予定されている3回目のワクチン接種と、地域経済の下支えにつながる取り組みを着実に実施し、市民の命と暮らしを守るという、市長に課せられた最大の使命をしっかりと果たしてまいります。

また、全国的な人口減少の流れの中、春日部市の人口も微減状態となっております。今後は、新たな「春日部ブランドづくり」「シティセールス」等で、人口流出をストップさせるため、あらゆる方策を講じてまいります。

そして、財政の健全化についても取り組んでまいります。行財政改革を積極的に進めるとともに、現在進められている大型事業などの財源を確保するために、地域の強みを生かして、稼ぐ力をしっかり伸ばし、地域経済を活性化させることで、安定的な歳入の確保を図ってまいります。

続いて、市政運営に対する基本方針について申し上げます。

今回、私は草の根選挙を行い、市民の皆さまの民意で、市長に選んでいただいたと思っております。よって、市の情報公開をしっかり行い、市民の皆さまの声を直接お聞きする機会を積極的に設けてまいりたいと考えております。

また、市役所内の意識改革についても取り組んでまいります。すべての世代の意見が反映されるボトムアップ型行政の実現、特に若手職員、女性職員の活躍の場を創出し、誰もが働きがいがある、ポジティブで市民からより信頼される市役所を作ってまいります。

このほかに、公約に掲げた施策など、市民生活に密着した事業を積極的に実施し、市民の皆さまが、春日部に住んでよかった、住み続けたいと感じられる市政を進めてまいりたいと思います。そして、現在進められている大規模事業の着実な推進をはじめ、多くの施策につきましては、その必要性を十分に見極めて、しっかりと継続してまいります。

以上、市長就任に当たりまして、私の所信の一端を申し述べさせていただきましたが、私一人でできることは、限られております。独善的にならず、議会の皆さまをはじめ、多くの市民の皆さまの貴重な声を拝聴しながら、職員の皆さまと一丸となって、「和をもって尊しとなす」の精神で、全身全霊取り組んでまいります。議員各位をはじめ、市民の皆さまのより一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、私の所信といたします。

令和3年11月26日


いわや一弘【公式】YouTubeチャンネル

News & Topics

■ 第4回 未来を輝かせる【3分トーク】

前春日部市教育委員
(元立野小学校PTA会長)
川端 知里(かわばた ちさと)氏

■ 第3回 未来を輝かせる【3分トーク】

春日部市出身 元Jリーガー
増田功作(こうさく)氏

■ 第2回 未来を輝かせる【3分トーク】

春日部商工会議所 副会長
寺門孝彦氏

■ 第1回 未来を輝かせる【3分トーク】

前春日部市医師会会長
山﨑典之 氏

Contents

政策
プロフィール
活動レポート